【若返り・アンチエイジング|湘南美容外科(SBC)の手術メニュー】

一番多い美容整形は若返り

 

湘南美容外科の詳細と問い合わせはコチラ

 

美容整形で一番多い治療は、別人の顔にするような手術ではなく、若返りです。

 

しわを少し取って5年、10年前の自分の顔に近づけるといった、ささやかな整形です。

 

「それくらいのことなら」と、あまり悩まずに気軽にやる人が増えているのです。

 

若返り治療の3タイプ

従来は、手術しない「プチ整形」と手術するタイプに治療が大きく2つに分かれていました。

 

両者の中間に位置する「糸でリフトアップするタイプ」の治療のバリエーションが増えて、今では手術は大きく3タイプと捉えることができます。

 

プチ整形

手術をせず、短時間の施術で即効性があるものです。

 

持続性は短いですが(施術種類により数か月〜2年程度)、費用も安いです。

 

体に傷をつけず、ダウンタイムもありません。

 

定期メンテナンス的な発想で、プチ整形を繰り返し行うのも一つの考え方だと思います。

 

プチ整形には大きく3つの系統があります。

 

注入系 ヒアルロン酸やボトックスなどを注射してシワを取る
照射系 フォトフェイシャル、ヤグレーザーなどを照射することでシワを取り、美白を促進する
塗布系 サリチル酸などで古い皮膚を溶かして再生を促すケミカルピーリングや美白効果のあるハイドロキノンなど。

 

技術はどんどん進歩していて、例えば注入系では異物反応の心配のない、自分の体由来の物質を注入する施術が出てきています。

 

自分の血液中の血小板を注入するもの(PRP血小板療法)、繊維芽細胞増殖因子というたんぱく質を注入するもの(肌再生FGF注入療法)、自分の脂肪を注入するもの(コンデンスリッチフェイス法)などです。

 

糸を使ったリフトアップ

皮膚に小さな穴をあけて、引っかかりがいっぱいある糸を通して引き上げる方法です。

 

手術と言えば手術ですが、穴はとても小さくすぐ塞がるので、プチ整形に近い面があります。

 

当初は手術に使うポリプロピレン糸が使われていましたが、今は時間とともに体内で溶けて消失する糸の使用が主流です。

 

糸の周りにコラーゲンが形成されて組織を支えるので、糸が消失した後も効果が持続します。

 

複数の種類があり、長いものでは効果が数年持続など、プチ整形より持続期間が長いです。

 

外科手術

余分な皮膚を切除し、残りの皮膚を伸ばすことでシワを取るものです。

 

皮膚にメスを入れる苦痛やダウンタイムはありますが、効果は10〜15年も持続します。

 

 

 

湘南美容外科では、常に最新の技術を取り入れているようです。

 

しかも「自らも率先して試し、本当によい治療法をお客様に勧める」というポリシーがあるので安心です。

 

若々しさを取り戻したいと悩んでいるのなら、お近くの湘南美容外科で相談してみてはいかがでしょうか。

 

湘南美容外科の詳細と問い合わせはコチラ