【わきが・多汗症治療|湘南美容外科(SBC)の手術メニュー】

根本解決はやはり美容外科

 

湘南美容外科の詳細と問い合わせはコチラ

 

わきが・多汗症は、制汗・防臭クリームなど塗っていてもきりがなく、毎年夏はつらい思いをします。

 

女性の場合や程度が激しい場合は、「気にしないようにする」といっても限界があります。

 

やはり対症療法ではなく、根本的解決も検討すべきです。

 

根本的治療、それは美容外科で汗腺を破壊することです。

 

エポクリン腺とエクリン腺

人間の汗腺には2種類あります。

 

体臭物質をたくさん含んだ汗を出すのがエポクリン腺で、わきが治療はこちらの破壊がメインになります。

 

多汗症の場合はエクリン腺も含めて進めていきます。

 

ただし、汗腺には体温を調節し、皮膚の潤いを保つ機能もあるので、やみくもに破壊すればいいわけではありません。

 

全体的なことも捉えながら治療を進めます。

大きく4種類の治療法

湘南美容外科では、わきが・多汗症の治療法として大きく4種類、細かくは7種類の治療法を提供しています。

 

1.レーザー治療

切らずに皮膚の上からレーザーを照射して汗腺を破壊する方法です。

 

比較的症状が軽い人や、切るのが絶対嫌な人に向きます。

 

下記の2種類の治療方法があります。

 

  • ミラ・ドライ
  • レーザー・デオドラント

 

2.ボトックス注射

ある種の菌から取った物質を注射して、汗の分泌を抑える方法。

 

持続性は半年〜1年くらいしかりませんが、安価です。

 

軽症で、手術が嫌で、夏場だけ制御できたら十分というような人におすすめです。

 

治療が5分で終わるのもメリットです。

 

3.シェービング法

レーザー照射の後、小さな穴を開けてシェービング機を挿入してアポクリン汗腺を除去します。

 

手術ではありますが傷口は小さく、汗腺は除去するので効果は大きい。

 

症状が重く、小さな手術跡なら許せる人はこれがおすすめです。

 

手術法は2種類あります。

 

  • レーザーシェービング法
  • 根こそぎベイザーシェービング法

 

4.完全摘出法

傷口から皮膚を裏返して、医師が目視しながら汗腺を除去していく方法です。

 

重症で、1回の治療で問題を完全解決してしまいたい方に向きます。

 

シェービング法よりは傷口は大きくなりますが、それでもそんなには目立ちません。

 

治療法は2種類あります。

 

  • 完全摘出法
  • マイクロ完全摘出法

 

湘南美容外科の詳細と問い合わせはコチラ

各治療法の詳細

1−1 ミラ・ドライ

miraDryという機械を使って汗腺を破壊する、切らない治療法です。

 

皮膚の上からマイクロ波を照射して、真皮層奥の汗腺だけを破壊します。

 

同時に表皮は冷却して、熱から保護します。

 

わきがと多汗症、ともに有効です。

 

1−2 レーザー・デオドラント

従来からあるマイクロレーザー法とボトックス注入を併用する方法です。

 

直径1ミリのファイバーを汗腺に挿入して、パルスヤグレーザーを照射して破壊します。

 

ファイバー挿入口は、術後直後は傷がありますが、間もなく完全に傷口が消えます。

 

2 ボトックス注入

ボツリヌス菌の毒素を注入する治療法です。

 

そういうとちょっと怖そうですが、毒性は完全にコントロールされていて、幅広い治療に使われているものなので、心配はいりません。

 

この毒素は一時的に筋肉を麻痺させる力があるので、けいれんの治療、しわの治療に用いられます。

 

また、汗腺の働きを弱める作用もあり、わきが・多汗症の治療にも使われます。

 

簡単なのがメリットですが、持続期間が半年〜1年というのがデメリットです。

 

3−1 レーザーシェービング法

1センチ程度の傷口からレーザーを照射し、その後にシェービング機でアポクリン腺を除去します。

 

完全摘出の手術をすると、傷口は4センチくらいなので、傷を気にする人にはありがたいです。

 

ただ、効果はやや弱くて軽症の人向き。

 

傷口が同じ1センチでより効果の高い「根こそぎベイザーシェービング法」の方がおすすめです。

 

3−2 根こそぎベイザーシェービング法

1センチの傷口を開け、先端からベイザー波という特殊な超音波を出す吸引管を挿入します。

 

ベイザー波で破壊し、そのまま吸引して体外に出してしまいます。

 

傷口が小さいのに、ニオイの除去率は90%以上で、おすすめの最新治療法です。

 

ベイザー機の操作には南米コロンビアのみで取得できる資格が必要で、日本では有資格者が限られています。

 

湘南美容外科にはベイザー認定医がたくさんいるので、頼りになります。

 

4−1 完全摘出法

4センチくらい切って、そこから皮膚を裏返し、医師が目視確認しながら汗腺をひとつずつ切除していく方法です。

 

臭いの除去率は90%以上。

 

手術にはなりますが、重症なので汗と臭いを極限まで減らしたく、一回で完全決着したい人にはおすすめです。

 

4−2 マイクロ完全摘出法

完全摘出法の手術内容を、1.5〜2cmの切り口で出来るように改良したものです。

 

傷口のめだたなさ、ニオイと汗の除去の徹底度、ともに最高峰の完成された手術です。

 

湘南美容外科の詳細と問い合わせはコチラ